読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パックご飯を食べるに至った理由

 昨年秋から、人生2度目の一人暮らしを始めた。家具や生活用品をさっさと買い揃えたくなるたちで、後先考えずにカード決済ばかりしていたツケに追われているが、東京に出てからの生活は楽しい。

 外食はほとんどしないが、野菜や果物、缶詰などを主に食べているため、料理はほとんどしない。しかし電子レンジは奮発して、オーブン機能の付いたテーブルが回転しないタイプを買った。「回転しないのは新しくて高級で凄いのよ」と、母が昔々言っていたのを覚えていたからだ。
 電子レンジは毎日使っている。性能にも全く不満はなく、早朝ココアとパックご飯を温めるのに大活躍だ。しかしそれにも関わらず、料理らしい料理は一度も作ったことがない。レシピ集のような冊子が付属していた気がするが、一度も開いたことはなく、オーブン機能の使い方すら分からない。

 完全に機能を持て余しているが、同時に購入した炊飯器はそれどころではない。開封後2,3度お米を炊いたきり、押入れに仕舞われてしまったのだ。黒光のフォルムに惹かれ少々のお金を叩いて手に入れたが、このまま使わなければ、あの時の茶碗一杯の調理費は、いくらになるのだろうと考えるだけで身震いする。
 使い方が難しかったとか、美味しく炊けなかったとか、そういう訳ではない。単にお米をといで炊く、そして食べ終わった後に釜を洗う、という行為が手間だったからだ。 日に一杯ほどしかお米を食べない僕にとって、5号炊きはあまりにもオーバースペックだった。ヒャクロー(ローソンストア100の略称。最近の人はこう呼ぶようだ)でパックご飯を買い、あまりの便利さに噴飯しそうになって以来、すっかりインスタントお米の虜なのだ。

 当初は、プラ容器ごと熱して食べるなんてダイオキシンが発生したらどうしよう、などと心配していたが、炊きたてご飯の美味しさには敵わず、アスベストだろうがホルムアルデヒドだろうがかかって来やがれ、という心持ちである。
 1ルーム故にキッチンが狭く、物理的に洗い物が難しくなる。食器が溜まってくると、水のしたたるお皿をあちらこちらに置くことになり、床がびしょびしょになってしまうし衛生面も心配だ。だから、ご飯一杯分の洗い物が減るだけで非常に助かるのだ。紙コップ・紙皿を使えばさらに手間が減るのだろうけれど、それは流石に怠けすぎという気がして思いとどまっている。

 パックご飯はもっぱらヒャクローで買っていたが、重いし持ち帰るのが手間なので、いつしかネットで注文するようになった。
 購入するのはいつも同じメーカーの24個入りの製品だ。どうしてそれを選んだのかと言うと、検索した中で最も値段が安く(1パックあたり80円ほど)、だからと言って味が気になるわけでもないからだ。納豆と合わせて、僕の朝食の基準になっている。

 学生時代、友人のお米事情を訊いたら「毎日3合を炊いてその日のうちに食べきり、夜は炊飯器のタイマーをセットして寝る」という話が出て驚いた。一見ズボラそうな彼だったので、意外とちゃんとしてるなと思ったのだ。
 その頃は自分も炊飯器を使っていたが、今の体たらくぶりを考えると、ズボラで面倒臭がりは自分の方だったのではないかと、罪悪感が芽生えそうになる。
 しかし僕がどう考えたところで、パックご飯の味も手間のいらなさも変わらないのだから、押し入れに眠らせている炊飯器が再び目を覚ますのは、かなり先のことになりそうだ。

 そういえば、年始に帰省した際に弟が引っ越しをほのめかしていた。電車を3度も乗り換えて通勤しているらしく、プライベートがほとんど取れないそうなのだ。
 パックご飯をやめる気もないし、炊飯器が埃をかぶってしまうくらいなら、弟に使って貰った方がよっぽどいい。早めに連絡しておこう、と忘れないようにここに書いておく。

広告を非表示にする